結婚する二人にとって素敵な思い出となる結婚式とは

昔と違う披露宴

和装

冠婚葬祭はその時代によって移り変わるものです。結婚式の場合、派手婚や地味婚などと言われた時代もありましたが、近年では景気変動による結婚式費用の上下は少ないとも言われています。一方で、ここ数年のトレンドは招待客も一体となって楽しむ披露宴です。 結婚式は新郎新婦あるいは両家がそのお披露目を兼ねて行うものです。招待客は二人のお祝いのために駆けつけてくれたので、精いっぱいのもてなしをするのが日本のならわしです。もちろん、今でも料理や引き出物をはじめ心づくしの用意をします。同時に、披露宴の中でゲストが一緒になって楽しむゲームを行ったり、新郎新婦から家族・友人へのサプライズなど様々な仕掛けがなされるようになっています。余興もその流れを受け、依頼された方だけでなく多くの人々を巻き込み、会場を感動させるようなもよおしが増加しています。

結婚披露宴をゲストも含めて楽しめるものにしたいと考える場合、まずは結婚式場に相談します。担当者も出来る限りその想いを実現しようと試みるでしょうが、演出の種類によっては難しいケースもあります。 例えば、結婚式場のタイプによってできる演出が異なります。複数の会場を併せ持つ専門式場やホテルなどでは、他の会場との兼ね合いがあり制約がかかる場合があります。また、結婚式場の広さとゲスト数によっても異なります。会場に余裕がある場合は派手な演出も可能ですが、テーブル数が多く空きスペースが少ない場合も少なくありません。そのため、特定の演出にこだわりがある場合は結婚式場を選ぶ段階でスタッフに相談しておくことが重要です。 もちろん、漠然としたイメージのみでも結構です。結婚式場を訪問すると、多くの場合これまでの披露宴事例を画像や動画で紹介してもらえますので、その中から理想とする披露宴・演出のイメージを膨らませることができます。